ホスピピュアをクマに使う前に!あなたのクマは何クマ?

Pocket

ホスピピュアは顔にも使えるので、クマにも使えるのかなって思ってませんか?

結論から申し上げて、「ホスピピュアはクマに使えます!」

しかし、クマにも種類があって、ホスピピュアを茶クマになら使っても大丈夫です。

ホスピピュアは茶クマに使える!あなたは何タイプ?

疲れた印象や老けた印象を与える目の下のクマ。クマにも種類があり、症状別に茶くま(色素沈着型)、黒くま(たるみ型)、青くま(血行不良型)と大きく3つに分けられます。

下記の表のチェック数の多いものが、あなたにできやすいクマのタイプです。自分のクマタイプを知って上手くケアしていきましょう。

あなたのクマは何クマでしょうか?
早速、チェックをしてみましょう。
【タイプ1】
メイクハバッチリ
つけまつ毛やアイメイク重視派
 目元専用クレンジングは使わない
目がかゆくなることが多い
シミ、そばかすができやすい
 アウトドアが大好き
【タイプ2】
 ほうれい線が気になる
 目元のたるみ、シワが気になる
 アイクリームを使ったことがない
 目元がかさつきやすい
 肌が疲れているように感じる
【タイプ3】
 毎日、長時間パソコンに向かう
 寝不足
 疲れがなかなかとれない
 冷え性である
 ほとんど運動していない

・タイプ1が多いあなたは【茶くまタイプ】

・タイプ2が多いあなたは【黒くまタイプ】

・タイプ3が多いあなたは【青くまタイプ】

あなたのクマは何クマタイプでしたか?
原因と対策をタイプ別に見ていきましょう。

タイプ別のくま対策方法!

同時に複数のくまができることもありますが、自分のくまタイプを見分けて、原因ごとに対策を変え、早い改善につなげましょう。

茶くま
(色素沈着型)
黒くま
(たるみ型)
青くま
(血行不良型)

状態 メラニンにより茶色く見えるものなど 影ができて黒く見えるもの
むくみが加わるとさらに目立つ
滞った血液が目の下の薄い皮膚を通して青黒く見える
原因 シミが集まって茶色く見えたり、目をこすることで起こる色素沈着、角質肥厚などが原因

 

年齢とともにハリや弾力が低下し、目の下にデコボコができる
さらに眼輪筋が衰え、眼窩脂肪がずり下がり、下まぶたにヘルニアを起こすことが原因
目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こる。目の疲れや冷え、寝不足も原因
お手入れ方法 美白ケア

炎症を抑え、美白ケアが効果的。アイメイクはこすらず、やさしく落とす。UVケア商品で目元の紫外線対策をすることも重要

ハリ・弾力&むくみケア
目だけを上下左右に動かし、眼輪筋トレーニングを行う
コラーゲン生成を促すケアやむくみ対策する(塩分や冷たい飲み物をひかえ、運動する)
化粧品では限界があり、ヒアルロン酸注射や下眼瞼手術が有効
血行促進&温めケア
血行をよくするマッサージやツボ押しを行う
眼を酷使しすぎず睡眠をしっかりとること、冷え改善のためにアイマスク、ホットタオルや入浴も効果的
見分け方 引っ張っても上を向いても変わらない 下を向くと薄くなる 目尻を横に引っ張ると薄くなるが完全には消えない
日によって違う
効果的な成分 ビタミンC誘導体の美白有効成分など レチノール、ビタミンC誘導体、ペプチド、幹細胞培養液など カフェイン、ビタミンE、カプサイシンなど

抜粋:日本化粧品検定2級・3級対策テキスト

黒くまと青くまタイプだとホスピピュアで美白対策でケアすることはできませんが、茶くまタイプの方ならホスピピュアの有効成分が効果的です。

あなたのクマが茶くまなら、
ホスピピュアが役に立ちますよ。

人工的なビタミンC誘導体の美白クリームには気をつけて!

 

ホスピピュアには、ビタミンC誘導体に、自然由来のチカラで改善に導くよう作られています。

天然由来の成分をできるだけ活用し、お肌への刺激を最小限に抑える処方になっています。

ホスピピュアをクマに使う前に!まとめ


大きく分けてクマには、茶くま、黒くま、青くまの3種類があります。

ホスピピュアが有効なのは、茶くまの色素沈着でできてしまったクマだけです。

ホスピピュアは、クマだけでなく、シミやそばかすへの美白効果もありますので、いっしょにケアするとより効果的です。

最後に、美白ケアする際には、ビタミンC誘導体の成分に気をつけてくださいね。

ホスピピュアだと天然由来成分配合で安心です。

 

 天然由来成分配合のホスピピュアこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です